« 鉄板とフライパン 明日は角煮 | メイン | ビフテキのカワムラ »

2009年1月29日 (木)

和風 豚の角煮 圧力鍋 レシピ 作り方

皆さんこんにちは

いやあ、こんなに上手に作れるとは思いませんでした。
和風の豚の角煮です。
会心の一作となりました。大満足です。いつもこれくらいおいしくできるといいのですが・・・。

ちょっとは暇つぶしになったかな?と思われたら応援クリックをお願いいたします。料理ブログランキング

最初にレシピです。
豚肉バラブロック600g

Dsc_0001793000
大根の輪切り 厚さ3センチほどで面取りしておく
しょうがひとかけら(皮付きでスライス)
ネギの青い部分 2本分
*そうめんつゆ市販品2倍希釈用35cc
*昆布鰹出汁(おくさん特製)450cc
*砂糖 大さじ3杯半
*醤油大さじ4杯

お醤油は何故かいつももらい物です。

Dsc_0019811000

Dsc_0015807000
*酒100cc

作り方
肉を5センチ幅に切る。
圧力鍋を予熱し底の部分を鉄板のようにして肉のすべての面を焼く。

Dsc_0002794000

熱したお鍋の底に水滴を落として球のようにコロコロ転がったら良い加減です。

Dsc_0003795000

この100円ショップのトングがこれまたすごく使いやすいんですよ!!

お勧めグッズですね。

Dsc_0004796000

豚肉から恐ろしいほどの油が出るので事前にサラダ油などをひく必要はありません。

Dsc_0005797000
生姜スライスとネギを入れてたっぷりのお湯で圧力をかけずにゆでる。10分ほど。

ここではクッキングシートを落としぶたにします。

Dsc_0006798000
お湯を捨てて大根と一緒にこれまたたっぷりのお湯で20分加圧する。

Dsc_0009801000

圧力鍋は私の宝物の一つ、ビタクラフトです。高かったぁ~。

Dsc_0007799000

お湯を捨てる。
肉と大根と*印を鍋に入れさらに20分加圧する。

Dsc_0012804000

実は圧力鍋は一旦圧がかかるとこんなに弱火でいいのですごく経済的なんです。

圧力鍋からすべてを保温鍋に移し、落としぶたをして20分煮る。

Dsc_0010802000

Dsc_0021813000

Dsc_0022814000 

ご存知ですか?保温鍋。

正式には「真空保温調理鍋」といいます。私のは象印のものです。

2重構造になっている予熱だけで料理するお鍋です。

これまた究極の節約鍋です。一晩中ほとんど熱が冷めません。

10時間ぐらいコトコト煮続けるようなものです。

世間では下のシャトルシェフというサーモスの物が有名ですね。

火を止めて保温鍋にセットしてそのまま一晩置く。

Dsc_0023815000

翌日、温め直して食べる。

出来上がりです。

Dsc_0026818000

期待通りの和風の角煮に仕上がりました。

Dsc_0027819000
お肉も大根も箸で切れるほど柔らかくてたっぷりとお出汁がしみこんでいます。
これこそ永年探し求めていた味です。

ホントは剣山で作った白髪ネギですが早く食べたいので包丁で白ネギを細く切って載せました。

Dsc_0024816000
本当に大成功でした。

パクパク食べちゃって、ああ~~、もう少ししか残ってないや。

もっともっとたくさん作っておけば良かったなあ~。

Dsc_0025817000

これからもまた作ります。

本当に料理って二日もかけて作るのに食べるのはあっという間ですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/372006/18326346

和風 豚の角煮 圧力鍋 レシピ 作り方を参照しているブログ:

コメント

久しぶりの角煮、私も作ってみました。圧力鍋と保温鍋と、あのネギたれも使いました。
「もっとたくさん作ればよかったぁ」を読んで私は5割増量にしました。
ただし老夫婦ゆえ脂が気になるのでばら肉とすね肉半分ずつです。
おかげさまにで美味しくできました。
たっぷりの量になったので二、三日食べられて台所仕事が楽、と言えば楽ですが・・・
最初食べた時の感動が薄れますね。
「あと、もう少し・・・」くらいがちょうど良いのだなぁと思いました。
また美味しいものを探しにお邪魔します。

ひでさんへ
我が家でも嫁さんから「次回から脂身を半分に削って作れ!!」との指令が出ました。sweat01
圧力鍋と保温鍋って面白いですよね。
圧力鍋ならお肉がお箸で切れるくらい柔らかくなるし、
保温鍋のおかげで私が寝ている間に味がドンドンしみこんでくれます。
どちらもガス代を節約できるし・・・
鍋を洗うのが面倒ですが圧力鍋と保温鍋の組み合わせは最強の調理方法の一つだと思います。
ひでさんお勧めのお料理がありましたらぜひぜひご教授くださいませ。happy01

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

記事関連アイテム

  • 今日のアイテム

最近のトラックバック

焼き処てるぴぃ亭

安心食材購入(自分用)

  • 良い素材を使いたいとき

お買い物リスト

お気軽にどうぞ